BLOG

BLOG

  • 2021年07月21日

    ブログ

    道案内動画とSEの資質

     

    みなさん、コロナワクチンの接種はお済みですか?

     

    当社では先日、取引先の職域接種にあやかることができ、希望者が1回目の接種を終えました。

     

    自称方向音痴のOさんが、後輩のTくんに梅田の接種会場への行き方を尋ねたところ「こんなん送られてきたんですけど」と私に見せてくれたのが、この画像です。

     

     

    Tくん自作の道案内の動画です。
    そこまでしてくれるの? と尋ねたOさん本人も驚いたのですが、実は他にも梅田に不案内な人が多数いることが判明。
    みんなでその動画を共有し、とっても感謝されていました。

     

    Tくんは、入社3年目でシステム部の給与・就業グループに所属。
    いつもニコニコ優しくて、同僚からもお客様からもとっても頼りにされていて、今年度は新人のメンターも務めています。
    ゲテモノ食通で、ペヤングアップルパイ味もおやつと思えば大丈夫という人です。

     

    給与・就業といえば、どんな会社にも必要な基幹システムの一つ。
    給与の計算はもちろん、そのもとになる労働時間や有給休暇の管理も守備範囲です。
    当然ですがTくんはグループに配属されるまで、給与・就業に関する知識は皆無でした。

     

    しかも初めての案件は、給与の中でも馴染みのない船員さんの給与システムでした。
    グループリーダーと一緒に、お客様のところへ出向き打合せをする中で、最初はチンプンカンプンだったと思います。
    でも、システムが完成し運用に入った現在では、彼がサポート担当として立派にお客様とシステムを支えています。

     

    もともと勉強熱心なうえ、ソフトな人当たりで親身になって話ができる彼の長所は、システムの受託開発という仕事において、とても高いパフォーマンスを発揮します。

     

    お客様との信頼関係を、早い段階で築くことに大いに役立つからです。
    特にエンドユーザー向けの受託開発においては、プログラミングのスキル以前に、相手の状況や要望を漏れなく聞き出すことがとても重要です。
    この人に任せれば大丈夫と信頼されることで、わからないことも遠慮なく聞けるし、相手の率直な反応を引き出すこともできます。

     

     

    先輩社員のために、道案内の動画を作ろうと考える彼は、きっとお客様にも真摯に向き合い、使い勝手の良い親切なシステムを作ることができる人だと思います。

     

    more

  • 2021年07月21日

    ブログ

    システムの「専門性」の追求

    昨年からのコロナ禍で、世の中のいろんなことが変わりましたね。

     

    当社では、テレワークの導入が大きな変化でした。
    昨年と今年の新入社員は、新人研修の一部を在宅リモートで実施しました。

     

    新人も、彼らを教育するメンターも、試行錯誤しながら3カ月の研修を終え、先日、研修中の課題として製作した「売上伝票管理システム」のレビューを実施しました。
    システムの基本要件と必要な機能のみが提示され、それを実現するための仕様は各々で考えます。
    仕様とは、ざっくり言うと、画面のデザインや操作方法、データの格納方法のことです。
    同じ要件なのに、出来上がったシステムはそれぞれ見た目も操作性も全然異なります。
    初めてお互いが製作したものを見て、いろんな「気づき」があり、彼らにとってとても有意義なレビューになったと思います。

     

    そして研修が終わると、いよいよ配属が決まります。
    今年は、全員システム部に所属することになりました。

     

    当社には、システム部・プロダクト部・デザイン部の3つの部署があります。
    その内、システム部は、個社から依頼される業務系システムの開発/保守を行う部署です。

     

    さらに、システム部は4つのグループに分かれています。
    このグループ分けの目的は、「専門性」の強化です。
    その分野のノウハウを持ったスペシャリストを目指します。

     

    ●サービス/流通グループ(ものを売る業種向け)
    サービス業に関わる販売・在庫管理、倉庫入出庫のほか、ショッピングサイトの作成やカスタマイズを行います。

     

    ●建設/製造グループ(ものを作る業種向け)
    建設業、製造業に関わる原価・生産管理や積算等のシステムを作ります。

     

    ●給与/就業グループ(全業種向け)
    会社の基幹システムのうち、勤怠の管理や給与計算に関わるシステムを作ります。
    市販のパッケージソフトでは対応できない部分のシステム化やカスタマイズも行います。

     

    ●人事/労務グループ(全業種向け)
    会社の基幹システムのうち、従業員の管理、採用、教育、評価、各種行政手続き等、人事に関わるシステムを作ります。市販のパッケージソフトでは対応できない部分のシステム化やカスタマイズも行います。

     

     

    受託開発は、お客様から依頼を頂いて、そのお客様のためにシステムを提供する仕事です。
    まず、相手の業務を知り、困りごとを聞いて、解決・改善を図る方法を考える。
    これってコンサルティングとすごく似ていますよね。

     

    SEやプログラマーが、各々の業態・業種・職種に精通することで、要件の理解が深まり、よりよいシステムを提案できる。
    各々の知識や経験をより有効に生かすことができる。

     

    システム開発という「ものづくり」において、使う側も作る側も「いいものができたな」と思えるよう、私たちの挑戦は続きます。

     

    more

  • 2021年01月27日

    ブログ

    パッケージソフトをつくる

    メディアウェアにはシステム部、デザイン部、そしてプロダクト部の3つの部があります。   システム部は主に業務システムの受託開発を行っています。 受託開発とは、お客様の要望に合わせたシステムを一から開発することです。   それに対して、プロダクト部は主に自社パッケージソフトの開発・販売・サポートを行っています。 パッケージソフトとは、特定の業務や業種で汎用的に使える既製のソフトウェアです。   受託開発とパッケージソフト開発は対になっています。 今回はそのパッケージソフトとプロダクト部のお話です。     近年、会員登録して利用するサービスが多くあると思います。 それに付随して会員管理するシステムもあるわけです。 実はメディアウェアのプロダクト部でもそんなシステムを作っています。   会員管理システム「WIN組織」。会員管理業務に特化したクラウドサービスです。 クラウドサービスになったのは最近の話ですが、WIN組織自体は20年ご愛顧いただいています!   WIN組織は会員管理と会計管理の二つのシステムで構成されています。 一元管理なので効率よく会員管理が行えます。多角的な集計機能も搭載! また、会員管理の入金情報と会計管理の仕分け情報がリンクします。   リモート接続だからセキュアな環境が提供可能! さらに毎晩の自動データバックアップ機能も搭載など、セキュリティもバッチリ! もしもの時にも電話・メール・FAXで迅速な対応ができます!   お客様の意見を取り入れて、WIN組織はこれからもドンドン進化していきます。 毎月、新機能を追加したり、不具合の修正をしたりしてます。 今は商工団体向けの販売が主ですが、 ゆくゆくは業界団体や不動産・建設業、医療業界などに向けても展開していく予定です!   WIN組織のホームページもオープンしたので、ぜひ覗いてみてください! アップデート情報や機能紹介など毎月更新しています! URL:https://winsoshiki.mediaware.co.jp/     ここまで、ほとんどWIN組織の宣伝になってしまいましたが、 メディアウェアのプロダクト部について理解が深まればと思います!

    more

  • 2019年07月08日

    ブログ

    メディアウェア式メンター制度

      新年度になり新元号になって、あっという間に7月になりました。 4月に入社したシステム部の新卒3名も3ヵ月の研修を終え、初仕事に向け準備中です。   今年の新人さんの特徴は「よくしゃべる」。   話すことが苦にならないようで 会社に溶け込むのがはやい。 入社日・月一回の報告会・新人歓迎会と、何度か自己紹介の機会があったのですが それぞれとても個性的な紹介を披露してくれました。 3名とも文系出身です。毎年のことですが、内定時期が異なるので 入社前の課題消化度はまちまち。 プログラムの新人教育に関しては 入社時点で個別の対応が必要です。     今年度、新しい試みを始めました。 名付けて「メディアウェア式メンター制度」。     一般的なメンター制度というと、精神的な仕事の悩みや人間関係・キャリア形成のサポートを主に行い 仕事自体のサポートはその範疇にないのですが、うちのメンターは「全部」やります。     新人研修の3ヵ月間は仕事の教育をメインに、その後1年は仕事面と仕事面以外の両方のケアをしていきます。 システム部にいる人たちは全員プログラムを仕事としているので、プログラマーとしてやっていく上での困りごとを共有しやすい。 しかも当社は入社時にプログラム未経験の文系出身が多く、自分が新人の頃に感じた不安やそれを乗り越えた実経験をもとに的確なアドバイスができる。 というわけで、めでたく?初代メンターに選ばれたのは 入社3年目女子と入社2年目男子です。   二人は 自身の研修時に受けた先輩の指導をなぞりつつ、新人君たちの興味と理解と自信がより深まるよう 自分の経験を活かしたアドバイスをしていきます。   一日の終わりには メンターが本人の書いた日報を見ながら5分程度の個別面談をします。 メンターのチェックを受けた後 各自社長に提出し内容の報告をします。     昨年までは、教育係の先輩社員が1人で3~4名の新人君たちの研修を行っていたのですが 2名体制にしたことで 教育する側は負担が軽減され、新人君たちはより細やかな指導を受けることができます。     研修の最終課題で 各自「売上管理」と「スケジューラー」を作成しました。 要件を踏まえて仕様を考えたり、ルールに則ったプログラムを書くことに関して 合格点に至るまでの時間が昨年より短縮できたことで、メンターの成果はあったと言えそうです。     マニュアルも前例もない中で、よく頑張っているうちのメンターさん。 二人のメンター間の情報共有も うまくできていました。 初年度としては 上々の出来。 ただ、初めてゆえの反省点も当然あります。     今回メンター役に抜擢された2名の経験を活かし、来年のメンターに引継いでよりよい教育をしていく。 新人もメンターも伸びしろいっぱいで「メディアウェア式メンター制度」は発展していきます。 たぶん。     研修期間が終わっても メンターの役目はまだまだ続きます。 うちのメンターは「全部」やりますから。

    more

  • 2018年06月11日

    ブログ

    ハイブリッドな勉強アプリ

    SP-top-mocamoco@2x   巷には、たくさんのスマホアプリがあふれています。   メディアウェアには、多くの業務システム・アプリ(以下、アプリに統一します)制作の実績があります。 それらの運用はパソコンがメインなのですが、最近はユーザーがいろんな場所でいろんなデバイスで使えることが一般的な要件のひとつになってきています。Webやモバイルへの対応ですね。     昨年、縁あって「勉強アプリ」のご依頼を頂きました。 看護師国家試験の過去問を集めたフリーのスマホアプリです。 メディアウェアでは珍しく業務アプリではありませんし、そもそも本格的なスマホアプリの制作は未経験です。ちょっと勝手がちがいます。ノウハウのない分野です。もちろん、プログラミングに関しては今まで培ったものがありますが・・・。     いろんな「初めて」がありました。   1 「Android」と「iPhone」   まずスマホといえば、AndroidとiPhone。これは「OS」の違いですね。 「OS」が異なるということは、ざっくり言えばプログラムを動かす仕組みが異なるということです。プログラムも、それぞれのOSに合わせて書かなくてはなりません。スマホアプリの中にも、AndroidまたはiPhoneだけのものと、どちらにも対応したものがあります。 今回は、両方に対応することが要件になっていました。 そこで、Web・iOS・Android アプリが同時に開発できるフレームワーク「Ionic」を使用しました。 初めての「ハイブリッドアプリ」の開発です。   2 クラウドサービス   メールで「Outlook」を使うには、各自のパソコンにインストールが必要ですが、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのWebメールはインストール不要で、ブラウザ上で利用できますよね。 これらのWebメールのように、ネットワークを経由してソフトウェアやデータを利用するものをクラウドサービスといいます。 当社で制作する業務アプリは、お客様の会社のサーバーや、お客様自身のパソコン上で運用するものがほとんどです。 クラウドではありません。 でも今回のスマホアプリは、当然クラウドサービスでの運用です。これも初めてでした。amazonのAWSを採用しました。   3 デザイン面での差別化   たくさんある競合アプリとの差別化。むずかしいです。 まず、わかりやすいメニュー構成と操作性の実現。 看護師志望のユーザーが対象なので、若年層の女性の割合が多い。それを意識したデザインが必要です。 さらに、勉強しながらも、集中力を妨げないで、癒しを感じさせるデザイン。ご依頼主の原案をもとに、デザイン部がキャラクターを考案しました。知恵の象徴といわれるフクロウ「モカモコくん」がお勉強をやさしく見守ります。   splash-mocamoco   IMG_0547     いろいろ試行錯誤しながら、頑張って作ったわが子のようなアプリ。 メディアウェアにスマホアプリ開発の実績ができました。 もちろん普段の業務アプリも、お客様に喜んで頂いた時の達成感はありますが、やっぱり外の世界に公開されるアプリはちょっと感覚が違います。 なんといっても、家族や友達に「これ私が作ってん!」と自慢できますから。   これからも、いろんな初めてがあると思いますが、お客様のご要望に沿えるよう、守りに入らず挑戦していきます!

    more

  • 2018年06月08日

    ブログ

    システム部の仕事とデザイン部の仕事

    メディアウェアには、システム部とデザイン部、プロダクト部の3つの部があります。 通常はそれぞれの案件を独立して担当しています。 ですが、協業で同じ案件に取り組むこともあります。 たとえば、システム部にECサイト(いわゆるショッピングサイトですね)制作の依頼があり「おしゃれでかわいい雑貨を売りたいので、サイトのデザインを女子の目を引くようなオリジナルなものにしたい」というご要望があるとします。 でも、当社に限らず、大抵のシステム会社にそんなデザインセンスのある人はまずいません。笑 そこでデザイン部の出番です。とはいえ、同じ会社であっても気安く「ちょっとやっといて」と頼めるわけではありません。 デザイン部にはデザイン部の仕事があり、ちゃんとスケジュールを組んで作業をしているのですから。 そこで、システム部は、お客様への見積りを出す段階で、「こういう要件で、これだけのボリュームの仕事があるけど、費用と時間はどれくらいかかるの?」と、デザイン部分の見積りをデザイン部に依頼します。 場合によっては、見積りをする前にデザイナーがお客様に直接お話しを伺うこともあります。 見積りが通り、ご注文を頂いたら、今度はシステム部とデザイン部で納期までにどのタイミングでどの作業をするかスケジュールを立てます。 双方が並行して作業できることもありますが、システムのこの部分ができてないとデザインの作業ができない、あるいはその逆のケースもあるので、その進捗を管理し、スケジュールを守っていくことがとても大切なんです。 それは、協業の場合に限ったことではありません。すべての仕事において重要な要素の一つですよね。 さきほどの例とは逆に、デザイン部の仕事の一部をシステム部に依頼することもあります。 ホームページの依頼で、「会員向けのページを作りたいので、ログイン機能を付けてほしい」といわれれば、システム部が動きます。 システム部全体のスケジュールを把握しているマネージャーが、デザイン部からの依頼内容を聴いて工数を算出し、受注後には担当者を決めスケジュールに組込みます。 そういうプロセスは、外部の協力会社にお願いする場合とほとんど変わりません。 でも、それなら同じ会社内にシステム部とデザイン部があるメリットがないんじゃないの? という疑問が・・・。 メリットはあります。 まず1つめ 同じ会社にいることでコミュニケーションを密にできます。 作業の確認や変更点を伝達など、意志の疎通がとてもスムースに行えます。小さい会社なので常に顔を見て話せるのですから。 協業間におけるやりとりの時間を最小限にでき、その時間を制作作業に有効に使えます。 2つめ システムとデザインを1社で請負うことで、各々を別会社に依頼するよりコストを抑えることができます。 1、2いずれも、お客さまにとって時間と費用の節約という大きなメリットですね。 3つめ システムとデザインの両方を考慮した提案が可能です。 お客様の要件をお聞きして、潜在的な問題や可能性を見通したビジネスモデルを提案し、実現することが可能です。 最近、あった協業のケースです。 お客様から自社製品のショッピングサイトのご依頼を頂きました。 オリジナルデザインのTシャツやノベルティ・販促グッズの注文サイトです。 若年層をターゲットに、アメリカ村っぽいイメージで。 システム部への依頼ですが、デザイン部分は弊社のデザイン部が担当します とお客様にお伝えしたところ、「同じ社内でデザインもできるんだったらコーポレートサイト(いわゆるホームページ)も頼みたいし、サイトのデザインを活かしたチラシもほしい。あと、会社紹介のパンフレットも作りたいから、どんなのがいいか提案してほしい。」と、次々とご要望が膨らみました。 実はご依頼主自身もプロダクトのデザインをされる方で、デザインのクオリティやディテールにはこだわりをお持ちでした。 そこで、既成の素材とはちがうオリジナルのデザインをいくつも用意し、やりとりを重ね、細かい修正を重ねた結果、満足して頂ける仕上がりとなりました。 それらのデザインは、当然サイトでも併用し、ショッピングサイトから印刷物までトータルでのご要望を実現することができました。 Astore様チラシより Astore様会社案内より この案件は、当社が主導したというよりは、お客様と一緒に実現できたケースだと思います。 お客様も私たちも、アイデアを出し、それを精錬し作り上げていきました。 その結果、お客様に喜んでいただき、当社の制作陣も達成感を得ることができました。 お客様からの信頼に応えるため、誠実な姿勢で臨んだ結果だと思います。 と結構、かっこよく書いてみたのですが、実際は「ごめん、このボタン1個だけ作って!」「この動きのJavaScriptをチョチョイと書いてぇー」と個人レベルでお願いされることも・・・。まあ、持ちつ持たれつということで。 参考 株式会社 Astore  様 コーポレートサイト  http://a-storejapan.com ECサイト       http://a-storejapan.com/app

    more

  • 2018年04月18日

    ブログ

    2年生社員にエールを

    yell_1 昨春の新卒社員4人。 入社から1年が経ちました。 1年前初々しかった彼らは、今ではすっかり会社になじみ、バリバリお仕事を頑張っています。 彼らを見ていると、 ” 人生において人間が一番成長する期間は、生まれてからの数年と就職してからの1年だ ” という自画自賛の名言を思いつくほど、それぞれがすごく成長しました。 本人たちにとっては、毎日が新しいことへの挑戦であっという間の1年だったと思いますが、 成長を自覚し手応えを感じているようです。 後輩社員も入社し、2年生となった彼らに 現在の状況と心境を聞いてみました。 あと、後輩へのメッセージも。 今年の新入社員と同様、2年目の彼らにもさらなる飛躍を期待してエールを送ります。

    more

  • 2018年04月18日

    ブログ

    業務システムの受託開発って???

    3bd7971410ab700847a83429ed2f8d34_m     「当社は、主に業務システムの受託開発をしています」   業務システムってどんなの? 受託開発って何のこと?   イメージできない人もおられると思います。なのでちょっと解説です。     メディアウェアの仕事のうち、多くを占めているのが、お客様ごとの「業務システム」「業務アプリ」と いわれるものの受託開発です。 文字通り「業務」のための「システム」、会社の業務を処理するコンピュータシステムです。 業務システムの中にも、絶対なくては仕事ができないもの、あれば断然便利なもの、なくてもいいけどあるといいな というもの等いろいろありますが、 ここではわかりやすく、全部ひっくるめて「会社の業務に使うシステム=業務システム」としてお話しします。   例えば、アパレル業では商品の在庫や販売/仕入を管理するシステムが絶対に必要で、これらは業務システムの中でも 特に基幹システムといわれます。 業務で使うから業務システムなので、業種によって業務が違えば、必要な業務システムも異なります。 インターネット上でショッピングサイトを運営している会社なら、そのサイト自体が業務システムです。 購買を促すために、過去に買った商品や閲覧した商品と関連付けて、お薦め商品を表示するのも業務システムの機能です。   会社だけでなく、学校や塾でスマホで出席をとったり、アルバイト講師のシフト管理をするのも業務システムです。 飲食店でオーダーを厨房に転送したり、オーダー時やレジ精算時にお客様の性別や年齢といったデータを集めるのも 業務システムです。 集めたデータを集計し、経営戦略に生かすための分析ツールも業務システムです。   鉄道会社でダイヤを組むのも業務システムですし、道路交通情報センターが渋滞を予想するのも業務システムです。   世の中は業務システムがないと成り立ちません。 業務システムに無縁で生きることはむずかしいですよね。     お客様が業務システムを必要とされる場合、調達するには以下の3つの方法があります。   1 パッケージ商品や既存のアプリを使う。       業務システムの中でも、会社で使う基幹システムと呼ばれるものには     パッケージとして販売されているものが多数あります。     生産管理/販売管理/在庫管理/受発注管理/会計/給与 などのシステムです。     また、基幹システム以外で簡易なスケジュール管理などなら、既存のアプリも利用できますね。     パッケージ商品は、汎用的に作られ量産されるので、安価でサポート体制も整っています。     メディアウェアのプロダクト部では、会計と顧客管理のパッケージ開発をしています。     2 パッケージ商品や既存のアプリをカスタマイズして使う。       カスタマイズとは、お客様のご注文にそって、足りない機能や項目を追加したり、     既存の機能を変更したりすることです。     元々のパッケージ仕様に加えて、独自の仕様を入れることで、より使いやすいシステムにできます。     メディアウェアのシステム開発部では、他社パッケージのカスタマイズを請け負っています。     3 独自のシステムを作る。       パッケージやカスタマイズではカバーしきれない独自の仕様が必要な場合には、     オリジナルのシステムが必要になります。     メディアウェアのシステム開発で最も大きな比重を占めるのが、これです。     お客様からのご注文を受けて、そのお客様用に制作します。   上記の内、2と3が「受託開発」にあたります。     お客様のお話しを聞いて、目的や要望を理解し、仕様を考え、システムを設計し、プログラムを書き、テストし、導入する。 システム制作には、プログラムの知識だけでなく、コミュニケーション能力を始めいろいろなスキルが要求されます。 デスクに座ってキーボードを叩く以外に、結構いろいろやることがあるんですよ。   というわけで、あらためて 「メディアウェアは、主に業務システムの受託開発をしている会社です」。

    more

  • 2018年04月10日

    ブログ

    2018年度新卒社員が入社しました

    新年度になりました。 メディアウェアは、今年も4人の新卒社員を迎えました。 SE・プログラマー志望の男女各2名で、理系卒1名と文系卒3名。 平均年齢は下がり、平均身長とメガネ率が上がりました。     IMG_0529     これから3ヵ月が研修期間です。   当社では入社前に課題の書籍を貸与し、自宅でプログラムを学習してもらっています。 ただ、内定時期もまちまちですし、各自の学業の都合もあるので 入社時点でみんなの足並みが揃うわけではありません。 自宅学習の進捗は、メールでの報告で把握できているので 入社以降は各自に合わせた学習カリキュラムを用意し、無理がないよう進めていきます。 自分ひとりでは、分かったつもりでも実は理解が不足していたり、 苦手なところはスルーしていたりすることもあるので、 理解度をチェックしながら確実にスキルアップできるよう先輩社員が指導します。     IMG_0535     まだ社会人歴10日目、緊張もほぐれこれから個性も露出してくるかと。。。楽しみです。

    more

  • 2017年10月27日

    ブログ

    プログラマーX

    御年69才のFさん。 縁があって今年4月から来て頂いているのわが社唯一のアルバイトで、 プログラマー歴46年の自他ともに認めるスーパープログラマーです。   会社に勤めている以上、経験を積むにつれ本人の意思とは関わりなく 管理部門のポジションにシフトしていきます。 プログラマーといえども、一生プログラムを作っているだけ というわけにはいきません。 リーダー的な立場、さらに管理職になる過程で、 現場でプログラムを作る機会は減っていきます。   Fさんもサラリーマン時代は何度となくそういう立場に立たされました。 でもプログラミングが大好きで、ずっとプログラマーでありたい、 心は常に活躍できる場を求めていました。   会社を勤め上げた後、自由の身となったFさんは、 生涯プログラマーとして思う存分活躍できる場を求めて 仕事を続けることにしました。 雇用形態にはこだわりません。アルバイトで結構。 求められればなんでも作ります。初めての言語でも苦にしません。 「私失敗しないので」ばりの「私なんでもできますので」。 まさに「ドクターX」ならぬ「プログラマーX」といったカッコよさです。   こんな風にいうと、孤高のプログラマーといった印象ですが、 実はかなり気さくなおじさんです。笑 趣味は、ビリヤードと学生時代からのコーラス。 好奇心旺盛で、お喋り大好き。楽しいこと大好き。お孫さんも大好き。   IMG_0515   今は、40才以上年下のプロダクトリーダーと二人で パッケージシステムの開発を担っています。 若いリーダーをさりげなくフォローしながら 絶妙なチームワークを築けているようです。   これからも、メディアウェアが Fさんのプログラマー歴を更新し続ける場でありたいなと思います。 御意。

    more


年別アーカイブ

カテゴリー


COPYRIGHT © MEDIAWARE. ALL RIGHTS RESERVED.